セミナー・シンポジウムのご案内

ICPFが実施したプログラミング教育に関する調査研究レポートを公開しました。
レポートは青のバナーを、リーフレット(簡易版)は橙色のバナーをクリックしてください。
 

ZOOMセミナー「自治体SDGsモデル事業 全世代健康都市圏創造事業(郡山市の地域健康経営)」

高齢化が進行する地方公共団体では、住民の健康は大きな政策課題です。この課題に応えるために、さまざまな取り組みが実施されてきました。
このような中、内閣官房まち・ひと・しごと創生本部は2018年度に「SDGs未来都市」事業を開始し、「自治体SDGsモデル事業」実施団体を選定してきました。
モデル事業に選定された中で、郡山市では「全世代健康都市圏」創造事業を推進しています。オープンデータを活用した健康づくり・生活習慣病予防対策、広域医療の分析(EBPM)、ICTを活用した科学的根拠に基づく保健指導の実施による健康寿命延伸対策を推進(EBM)するというのが、事業の概要です。
とりわけ、医療介護情報を多角的に分析し、福島県立医科大学との共同研究を実施するなど、多様なステークホルダーとの連携(民間事業者、高等教育機関、研究機関等)を重視する郡山市の事業は、地域健康経営の先進事例です。
今回のセミナーでは、品川萬里郡山市長に地域健康経営への思いを語っていただいた上で、保健福祉部の渡辺研也氏に「全世代健康都市圏」創造事業の詳細をお話しいただきます。どうぞ、皆様ご参加ください。

開催日時:11月2日火曜日午後7時から最大1時間30分
開催方法:ZOOMセミナー
参加定員:100名
講演者:郡山市・品川萬里市長、保健福祉部保健所健康政策課・渡辺研也主任主査
司会:山田 肇(ICPF理事長)
参加費:2000円、ただしICPF会員は無料
参加を申し込み頂いた方に、参加費の振り込み等についてご案内をお送りします。
参加申し込みのURLはこちらです。

ZOOMセミナー「自治体システムの標準化とガバメントクラウド」

開催方法:ZOOMセミナー
参加定員:100名
講演者:三木浩平氏(総務省デジタル統括アドバイザー)
司会:山田 肇(ICPF理事長)
セミナーの記録はこちらにあります。

ZOOMセミナー「データヘルスの今後を俯瞰する」

開催日時:8月30日月曜日午後7時から最大1時間30分
開催方法:ZOOMセミナー
参加定員:100名
講演者:山本隆一氏(医療情報システム開発センター理事長)
司会:山田 肇(ICPF理事長)
セミナーの模様はこちらです。

ZOOMセミナー「医療DXに求められる規制改革」

開催日時:7月21日水曜日午後7時から最大1時間30分
開催方法:ZOOMセミナー
参加定員:100名
講演者:落合孝文氏(渥美坂井法律事務所・外国法共同事業パートナー弁護士)
司会:山田 肇(ICPF理事長)
セミナー記録はこちらにあります

ZOOMセミナー「デジタルを活用して変革し始めた初等中等教育」

開催方法:ZOOMウェビナー
参加定員:100名
セミナーの内容:
安彦広斉文部科学省初等中等教育局・参事官(高等学校担当)「デジタルが支える教育のトランスフォーメーション」(30分)
桐生 崇文部科学省大臣官房・文部科学戦略官 兼 総合教育政策局・教育DX推進室長「教育DX・データ利活用の現状と今後」(30分)
上松恵理子武蔵野学院大学准教授(ICPF理事)「海外の教育DX」(20分)
司会:山田 肇(ICPF理事長)
セミナー記録はこちらにあります

ZOOMセミナー「GIGAスクールを活用した教育:現状と課題」

開催日時:5月26日水曜日午後6時30分から最大2時間
開催方法:ZOOMウェビナー
参加定員:100名
セミナーの内容:
浅野大介経済産業省サービス政策課長「GIGAスクール環境を活かしたオンライン探究学習空間(仮)」(40分)
上松恵理子武蔵野学院大学准教授「学校でのGIGAスクール環境利用の課題(仮)」(20分)
登壇者による討論・ウェビナー参加者からの質問等(最大60分)
セミナーの記録はこちらにあります。

共催シンポジウム「電波改革の扉を開けよう」

出演:夏野剛(慶應義塾大学特別招聘教授)、中村伊知哉(iU学長)、安延申(創発プラットフォーム代表理事)
司会:池田信夫(アゴラ研究所所長)
日時:4月20日(火)20:00~22:00(質疑含む)
シンポジウムの記録はこちらにあります。