セミナー・シンポジウムのご案内

シンポジウム「熊本地震に学ぶ新しいICTの活用」

東日本大震災の際、自治体のデータが滅失しクラウド活用の必要性が叫ばれました。その後、自治体はクラウドにデータを保管する方向に動いています。さらに、今回の熊本地震では、被災直後に現地で避難所間情報連携システムをクラウドで速やかに安価に構築する支援が実施されました。一方、ドローンについては熊本地震では後方支援が大半でしたが、その後、活用の機運は高まっています。
ICT系の新技術は最初の天災にではうまく適用できず、次の天災では活用される、という「反省と改善」が繰り返されています。このシンポジウムでは、次の天災の際に、新技術が最初から利用できるようにするためにはどうすればよいか、行政・NPO・民間が集まり考えます。
皆様のご参加をお待ちしています。

月日:2月27日(月曜日)
時刻:13時30分から16時00分
会場:アルカディア市ヶ谷(私学会館)
〒102-0073 東京都千代田区九段北4-2−25
登壇者と話題
石谷寧希(総務省情報流通行政局地域通信振興課課長補佐)
「熊本地震における政府の情報通信分野の対応」
高橋征二(熊本市総務局行政管理部情報政策課技術参事)
「被災地の地方公共団体の立場から」
鹿野順一(特定非営利活動法人いわて連携復興センター代表理事)
「東北からのノウハウ移転と民間の動き」
古橋大地(特定非営利活動法人クライシスマッパーズ・ジャパン理事長)
「熊本地震におけるドローンの活用と課題」
龍治玲奈(日本マイクロソフト株式会社政策渉外法務本部渉外社会貢献課長)
「避難所間情報連携システムの構築と支援」
参加費:2000円(ICPF会員無料)
定員:100名(先着順)
申し込みはこちらにどうぞ

協賛イベントのご案内 IISEシンポジウム「IoT ・AI時代の健康寿命延伸」

本シンポジウムでは、最先端の情報技術を有する日本において、健康寿命を延伸させ、国民ひとりひとりが年齢を重ねても健康で質の高い生活を送るためにICTがどのような貢献をすべきかについて、国内・海外の先進事例の紹介も含めながらご議論いただきます。

主催:株式会社国際社会経済研究所(IISE)・アクセシビリティ研究会
協賛:特定非営利活動法人情報通信政策フォーラム
開催日時:2017年3月21日(火) 14:00-17:00(13:30開場)
開催場所:日経カンファレンス&セミナールーム 大手町セミナールーム2
〒100-8066 東京都千代田区大手町1-3-7 日経ビル6階
申込はこちらにどうぞ
定員:90名(参加費無料)
要約筆記あり
プログラムの概要(詳細は申込ページにあります)
基調講演 吉田宏平総務省室長、橋本敬史厚生労働省政策企画官
特別講演 平尾勇松本市商工観光部部長
海外事例報告 遊間和子国際社会経済研究所主幹研究員
パネルディスカッション 山田肇、川添高志、坂下哲也、西田佳史、平尾勇、矢冨直美

セミナー「医療分野のICT化」

日時:1月17日(火曜日) 午後6時30分~8時30分
場所:東洋大学白山キャンパス5号館2階 5202教室
東京都文京区白山5-28-20
司会:山田肇(東洋大学経済学部教授、ICPF理事長)
講師:森田博通(厚生労働省医政局研究開発振興課医療情報企画調整官)
セミナー記録はこちらにあります

セミナー「マイナンバーカードを活用した地域経済好循環の拡大に向けた取組」

日時:12月16日(金曜日) 午後6時30分~8時30分
場所:東洋大学白山キャンパス5号館1階 5101教室
東京都文京区白山5-28-20
司会:山田肇(東洋大学経済学部教授、ICPF理事長)
講師:三木浩平(総務省自治行政局地域情報政策室企画官)
セミナ記録

セミナー「法人番号を利用した『法人ポータル(仮称)』」

日時:11月22日(火曜日) 午後6時30分~8時30分
場所:東洋大学白山キャンパス5号館2階 5203教室
東京都文京区白山5-28-20
司会:山田肇(東洋大学経済学部教授、ICPF理事長)
講師:滿塩尚史(経済産業省CIO補佐官)
セミナー記録はこちらにあります

関連シンポジウム「児童虐待対策における多機関連携」 

日時:1120日(日曜日)1300分~1630
場所:フクラシア東京ステーション会議室K(朝日生命大手町ビル5F
登壇者:津崎哲郎氏(児童虐待防止協会)、野村武司氏(獨協大学法科大学院)、田村正博氏(京都産業大学)、吉田恒雄氏(児童虐待防止全国ネットワーク)、山田 肇(ICPF理事長)
参加費:無料

セミナー「特許調査から始まる特許の有効活用」

日時:11月9日(水曜日) 午後6時30分~8時30分
場所:東洋大学白山キャンパス6号館6302教室
東京都文京区白山5-28-20
司会:山田肇(東洋大学経済学部教授、ICPF理事長)
講師:鷲尾裕之(特許戦略コンサルタント)
セミナー記録はこちら

セミナー「安全な暮らしをつくる個人情報の保護

日時:10月19日(水曜日) 午後6時30分~8時30分
場所:TKP市ヶ谷カンファレンスセンター
東京都新宿区市谷八幡町8
司会:山田肇(東洋大学経済学部教授、ICPF理事長)
講師:藤田卓仙(名古屋大学寄附講座准教授)
村井祐一(田園調布学園大学教授)
セミナー記録はこちら

後援シンポジウム「判断能力が不十分な人の個人情報保護について考える

日時9月11日(日曜日) 午後1時~5時
場所:全国町村会館 (東京メトロ永田町駅徒歩1分)
プログラム:
話題① 認知症高齢者等の経済活動の法的支援
話題② 支援に向けた個人情報保護法政策の現状と課題
総合討論 安全な暮らしをつくる新しい個人情報保護法制の構築に向けて
シンポジウムの記録はこちらにあります

移動通信にみる技術のスピルオーバー

日時:8月31日(水曜日) 午後6時30分~8時30分
場所:金沢工業大学大学院虎ノ門キャンパス(愛宕東洋ビル13階会議室)
東京都港区愛宕1-3-4
司会:山田肇(東洋大学経済学部教授、ICPF理事長)
共同モデレータ:上條由紀子(金沢工業大学大学院イノベーション研究科准教授・弁理士)
講師:許經明(東京大学ものづくり経営研究センター)
セミナー記録はこちらにあります。

セミナーシリーズ 個人情報の保護と活用
個人情報の保護:プロファイリングとデータポータビリティ

日時:8月25日(木曜日) 午後6時~8時
開催時刻が通常よりも30分前倒しになっていますので、ご注意ください
場所:東洋大学大手町サテライト
東京都千代田区大手町2-2-1 新大手町ビル1階
司会:山田肇(東洋大学経済学部教授、ICPF理事長)
講師:生貝直人(東京大学大学院情報学環客員准教授)
セミナー記録はこちらにあります

セミナーシリーズ 個人情報の保護と活用
個人情報の保護:業務システムのセキュリティ対策

日時:7月20日(水曜日) 午後6時30分~8時30分
場所:TKP東京駅八重洲カンファレンスセンター
   中央区京橋1-7-1
司会:山田肇(東洋大学経済学部教授、ICPF理事長)
講師:上原哲太郎(立命館大学情報理工学部教授)
セミナー記録はこちらにあります

セミナーシリーズ 個人情報の保護と活用
個人情報の保護:日米欧における忘れられる権利の動向

日時:6月24日(金曜日) 午後6時30分~8時30分
場所:東洋大学白山キャンパス5101教室(5号館1階)
   東京都文京区白山5-28-20
司会:山田肇(東洋大学経済学部教授、ICPF理事長)
講師:小向太郎(日本大学危機管理学部教授)
参加費:2000円(ICPF会員は無料)
定員:40名(先着順)
セミナーの記録はこちらにあります

セミナーシリーズ 個人情報の保護と活用
個人情報の活用:マイナンバーの利用拡大に向けて

日時:5月26日(木曜日) 午後6時30分~8時30分
場所:東洋大学白山キャンパス5103教室(5号館1階)
   東京都文京区白山5-28-20
司会:山田肇(東洋大学経済学部教授、ICPF理事長)
講師:榎並利博(株式会社富士通総研主席研究員)
セミナーの記録はこちらにあります

シンポジウム イノベーションを促す経済政策
日本知的財産協会・情報通信学会後援

月日:2016年5月16日(月曜日)
場所:ANAインターコンチネンタルホテル東京「ルミナス」
モデレータ 山田 肇(ICPF理事長、東洋大学)
討論者 立本博文(筑波大学大学院)
講演者 ふくだ峰之(自由民主党衆議院議員)
講演者 Mark Snyder(Vice President and Patent Counsel, Qualcomm Inc.)
シンポジウムの記録はこちらにあります

セミナー ダイセルの特許活用戦略

日時:4月21日(木曜日) 午後6時30分~8時30分
場所:金沢工業大学大学院虎ノ門キャンパス(愛宕東洋ビル13階会議室)
   東京都港区愛宕1-3-4
司会:山田肇(東洋大学経済学部教授、ICPF理事長)
共同モデレータ:上條由紀子(金沢工業大学大学院イノベーション研究科准教授・弁理士)
講師:百瀬隆(ダイセル株式会社知的財産センター長補佐)
セミナー記録はこちらにあります。