セミナー・シンポジウムのご案内

セミナーシリーズ 個人情報の保護と活用
個人情報の保護:日米欧における忘れられる権利の動向

マイナンバー制度が本格的に動きだし、マイナンバーカードの発行も始まりました。将来を見据えて、マイナンバーの利用範囲を拡大しようという検討も始まっています。一方で、忘れられる権利も含めて、個人情報保護制度を拡充しようという動きが欧州を中心に起きています。情報通信政策フォーラム(ICPF)では、「個人情報の保護と活用」をテーマに春のセミナーシリーズを開催しています。
第2回は、「日米欧における忘れられる権利の動向」と題して小向太郎氏(ICPF理事)に講演をいただくことにしました。講演では、ネット上に残存する情報が個人(ときには故人)を傷つけることがないようにするために制度化が進みつつある、忘れられる権利に関する最新の動向について話していただきます。
皆様のご参加をお待ちしています。

日時:6月24日(金曜日) 午後6時30分~8時30分
場所:東洋大学白山キャンパス5101教室(5号館1階)
   東京都文京区白山5-28-20
司会:山田肇(東洋大学経済学部教授、ICPF理事長)
講師:小向太郎(日本大学危機管理学部教授)
参加費:2000円(ICPF会員は無料)
定員:40名(先着順)
申し込みはこちらにどうぞ

セミナーシリーズ 個人情報の保護と活用
個人情報の活用:マイナンバーの利用拡大に向けて

日時:5月26日(木曜日) 午後6時30分~8時30分
場所:東洋大学白山キャンパス5103教室(5号館1階)
   東京都文京区白山5-28-20
司会:山田肇(東洋大学経済学部教授、ICPF理事長)
講師:榎並利博(株式会社富士通総研主席研究員)
セミナーの記録はこちらにあります

シンポジウム イノベーションを促す経済政策
日本知的財産協会・情報通信学会後援

月日:2016年5月16日(月曜日)
場所:ANAインターコンチネンタルホテル東京「ルミナス」
モデレータ 山田 肇(ICPF理事長、東洋大学)
討論者 立本博文(筑波大学大学院)
講演者 ふくだ峰之(自由民主党衆議院議員)
講演者 Mark Snyder(Vice President and Patent Counsel, Qualcomm Inc.)
シンポジウムの記録はこちらにあります

セミナー ダイセルの特許活用戦略

日時:4月21日(木曜日) 午後6時30分~8時30分
場所:金沢工業大学大学院虎ノ門キャンパス(愛宕東洋ビル13階会議室)
   東京都港区愛宕1-3-4
司会:山田肇(東洋大学経済学部教授、ICPF理事長)
共同モデレータ:上條由紀子(金沢工業大学大学院イノベーション研究科准教授・弁理士)
講師:百瀬隆(ダイセル株式会社知的財産センター長補佐)
セミナー記録はこちらにあります。