知的財産 電子書籍をめぐる動向

特定非営利活動法人情報通信政策フォーラム(ICPF)主催
IEEE TMC Japan Chapter協賛
特定非営利活動法人マニフェスト評価機構(IME)協賛

この一年、電子書籍をめぐり大きな変化が起きています。アメリカでの出来事を対岸の火事のように眺めていた出版業界や端末機器メーカーが、ついに一斉に動き出しました。電子書籍の普及は私たちの生活をどのように変えていくのでしょうか。産業構造にどのような変化が予測されるのでしょうか。ICPFではこの秋、「電子書籍をめぐる動向」と題するセミナーシリーズを開催してきました。

セミナーシリーズを総括し、また電子書籍についていっそう議論を深めるため、シンポジウムを開催します。シンポジムでは、知的財産戦略本部におけるこの分野の専門調査会で会長を務める中村伊知哉氏と、雑誌系を中心に電子出版に熱心に取り組んでいられる岩本敏氏から講演いただくほか、識者が参加してのパネル討論を予定しています。

皆さま、ふるってご参加ください。

プログラム:

13時30分 講演 「電子書籍の動向と知財本部での議論」

中村伊知哉(慶應義塾大学教授・知的財産戦略本部コンテンツ強化専門調査会会長)

14時10分 講演 「電子書籍時代を迎えて、出版界の現状と取り組み」

岩本 敏(小学館社長室顧問・ネットアドバンス社取締役)

14時50分 休憩

15時00分 パネル討論

モデレータ:山田 肇(東洋大学教授・NPO情報通信政策フォーラム理事長)

パネリスト:

中村伊知哉

岩本 敏

妹尾堅一郎(東京大学特任教授・NPO産学連携推進機構理事長)

松原 聡(東洋大学教授・NPOマニフェスト評価機構理事長)

講演資料

議事録

概要:

月日:3月29日(火曜日)

時刻:13時30分~16時30分

場所:アルカディア市ヶ谷(私学会館)会議室

プログラム:

参加費:   3000円(ICPF会員は無料で参加できます)