行政 マイナンバーは行政サービスをどう変えるか

電子行政研究会では第5回ワークショップ「マイナンバーは行政サービスをどう変えるか」を下記のとおり開催し、情報通信政策フォーラム(ICPF)はこれを協賛することにしましたので、ご案内いたします。
先日、国会でいわゆるマイナンバー法案が成立し、わが国でもいよいよ共通番号が導入されることになりました。マイナンバーと、国民一人一人への行政サービスの窓口となるマイ・ポータルの導入により、国民にとってより利便性の高い行政サービスの実現につながることが期待されます。
今回は、内閣官房からマイナンバー、マイ・ポータル検討の担当者をお招きし、マイナンバーによる新しい行政サービスの可能性について議論します。皆様のご参加をお待ちします。

開催日時:2013年7月5日(金曜日)  13時50分から 16時50分まで
場所:東洋大学大手町サテライト(新大手町ビル1階)

プログラム(予定):
13:50~15:10 講演
「マイナンバーが実現する新しい行政サービス(仮題)」
村本明彦(内閣官房社会保障改革担当室)
「マイ・ポータルへの期待」
小高 公聡(NTTクラルティ)
「国民視点のマイ・ポータル」
山田 肇(東洋大学教授、電子行政研究会副会長)
15:10~15:20 休憩
15:20~16:30 討論
16:30~16:50 まとめ

参加費:
電子行政研究会および情報通信政策フォーラム(ICPF)の会員は1000円、その他(一般の方)は2000円
申込方法:次のサイトよりお申し込みください