カテゴリー別アーカイブ: 平成19年度

政治 情報通信政策の課題

概要

 情報通信政策フォーラム(ICPF)では、第22回セミナー(07年10月開催)から3回連続して、通信・放送の総合的な法体系について議論を重ねてきました。それを集大成するとともに、情報通信政策をめぐる最近の重要な問題について考えていくために、第6回シンポジウム「情報通信政策の課題」を開催致します。 続きを読む

法律 通信・放送の総合的な法体系に対する通信事業者の考え方

概要

 総務省では「通信・放送の総合的な法体系に関する研究会」を組織し、通信法制と放送法制の統合について研究を深めてきました。この新しい法体系によって通信と放送の融合が促進されるかどうかについては、世の中には賛否両方の意見が存在します。
情報通信政策フォーラム(ICPF)では月次セミナーでこの新しい法体系について議論を深めていくことにし、07年10月には「研究会」事務局を担当された総務省の鈴木茂樹課長を、11月にはTBSメディア総合研究所の前川英樹社長をお招きし、それぞれのお考えを伺いました。
今回は連続セミナーの第3回目として、ソフトバンクBBの筒井多圭志取締役にお話をしていただくことになりました。

<スピーカー>
筒井多圭志氏(ソフトバンクBB取締役CTO)

<モデレーター>
山田肇(ICPF事務局長・東洋大学教授) 続きを読む

法律 通信・放送の総合的な法体系に対する放送事業者の考え方

概要

 総務省では「通信・放送の総合的な法体系に関する研究会」を組織し、通信法制と放送法制の統合について研究を深めています。この新しい法体系によって通信と放送の融合が促進されるかどうかについて、世の中には賛否両方の意見が存在します。
情報通信政策フォーラム(ICPF)では月次セミナーでこの新しい法体系について議論を深めていくことにし、10月にはその第1回として「研究会」の事務局を担当されている総務省の鈴木茂樹課長をお招きしました。
連続セミナーの第2回目は、TBSメディア総合研究所の前川英樹社長をお招きし、放送事業者の考え方を伺います。

<スピーカー>
前川英樹(TBSメディア総合研究所社長)

<モデレーター>
山田肇(ICPF事務局長・東洋大学教授) 続きを読む

法律 通信・放送の総合的な法体系を目指して

概要

総務省では「通信・放送の総合的な法体系に関する研究会」を組織し、通信法制と放送法制の統合について研究を深めています。この新しい法体系によって通信と放送の融合が促進されるかどうかについて、世の中には賛否両方の意見が存在します。
そこで情報通信政策フォーラム(ICPF)では、今回から数回連続して月次セミナーでこの新しい法体系について議論を深めていくことにしました。
今回はその第一回として「研究会」の事務局を担当されている総務省の鈴木茂樹課長をお招きして、総務省の考え方をうかがうことになりました。

<スピーカー>
鈴木茂樹(総務省情報通信政策局総合政策課長)

<モデレーター>
山田肇(ICPF事務局長・東洋大学教授) 続きを読む